GoogleMapsAPIをスマホで利用する

GoogleMapsAPIはwebサービス用として登場しましたが、スマートフォン対応もできたことでさらに利用範囲が広がっています。

スマートフォンは日本ではIOSとアンドロイドがありますが、GoogleMapsAPIは両方に対応しており、それぞれ独自のSDKとAPI利用回数が設定されています。


SDKについてはネイティブに利用できるように設定されており、使い勝手がとてもよいです。また、GoogleMapsAPIは無償版と有償版が用意されていますが、スマートフォンアプリから呼び出すと考えると殆どの場合無償版で十分利用できると言われていますが、アクセス数が急増した場合などにはすぐに有償版に切り替えられるのもうれしいところです。



GoogleMapsAPIをスマートフォンから利用するには無償で提供されるSDKを利用します。
SDKではアプリ側から無駄なく地図データを呼び出せる用に各種機能が追加されています。


中でも住所などから地図を探すジオコーディング機能は使い勝手がよく注目されています。

また、通常の地図表示に独自のマーカーや線を表示することもできるので、これまで難しかったアプリ内で地図を使うことがとても簡単に行えるようになりました。



地図上へのマーカーなどの設定は表現力がますだけではなく、2地点距離など使い勝手の面でも大幅は向上が見込めます。


無償で使えるAPI回数は1日1000件程度とアプリを試すためには十分な数が用意されています。